矯正歯科専門 京王線調布駅 東京都 調布市/府中市/稲城市/三鷹市/川崎市多摩区

ふじた矯正歯科クリニック
BLOG

戦火のかけら

父の足には全体的なやけどの跡がある。子供の頃、そらキレイと思ったことはないが、怖いとか嫌悪感を持ったことも不思議となかった。父の体の一部として受け入れていた。いつの日か、本人というよりは周りの大人からその理由を聞きつけた。その時、父はちゃんちゃんこをかぶされた状態で叔母の背中におぶさっていた。最初ちゃんちゃんこは水を含ませ濡れていたはずだ。しかし、ちゃんちゃんこに火がつくころにはカラカラに乾いていたに違いない。爆弾がこの街に降っていた東京大空襲の日のことだ。隅田川には多くの亡くなった方がひしめいていたそうである。そんな中、藤田の家族は生きぬいた。
私は今、50歳。物心ついたころから意識せずに刷り込まれた。戦争反対である。そのために、よく見て、よく聞いて、読み、考える。自分の能力の範囲内で、さぼらないようにしていかなくちゃ。