矯正歯科専門 京王線調布駅 東京都 調布市/府中市/稲城市/三鷹市/川崎市多摩区

こどもの歯科矯正
実際の治療例

反対咬合

初診時=小学6年生の春

終了時=なんとか収まりました。

歯のガタガタが強く、一部の歯が反対咬合になっていました。

【上顎歯並びを平らに】

ブラケット装置を使って上顎のみ治療しました。

治療期間:8ヵ月
  +
リテーナー期間:4年(途中で作り直して継続使用)

「歯の位置が悪いことによって、上手く咬めない状態になっていました。咬めないまま下アゴが成長し完成していくのは環境的によろしくないということで歯並びを平らに整えました。」

反対咬合

初診時=小学5年生の春

終了時=なんとか前歯部反対咬合が改善されました。

上顎骨の成長が弱いことが原因の反対咬合でした。

【上顎骨の前方への成長促進、上顎骨の側方拡大】

拡大装置とブラケット装置(上顎前歯、奥歯のみ)、フェイシャルマスク(就寝時)を使って上顎のみ治療しました。

治療期間:2年6ヵ月
(その内FMの期間:1年11ヵ月)
  +
リテーナー期間:1年8ヵ月

「すでに上顎骨の成長期は過ぎつつある時期の初来院でした。厳しい話し合いの末、効果がどこまで出るかわからないけれどやれることはみんなやってみようということになり、治療を開始しました。結果的になんとか収まってよかったです。」

かみ合わせが深い

上顎骨の成長が弱いことが原因の反対咬合でした。

【上顎骨の成長促進】

フェイシャルマスク(就寝時)とブラケット装置(上顎前歯、奥歯のみ)を使って上顎のみ治療しました。

治療期間:2年8ヵ月
(その内FMの期間:2年2ヵ月)
  +
リテーナー期間:1年1ヵ月

「骨の位置の改善は、お手軽なものではないけれど、頑張れば多くの場合は結果がついてきます。
装置はお薬と一緒で、問題に対して効くヤツを出してもらわないといけません。最初から装置が決まってるって言うのは、ナンセンスの極みだと思うのですが、どんなもんでしょうか。 」

前歯の反対咬合

上顎骨の成長が弱いことが原因の反対咬合でした。

【上顎骨の成長促進】

フェイシャルマスク(就寝時)とブラケット装置(上顎前歯、奥歯のみ)を使って上顎のみ治療しました。

治療期間:2年8ヵ月
(その内FMの期間:2年2ヵ月)
  +
リテーナー期間:1年1ヵ月

「骨の位置の改善は、お手軽なものではないけれど、頑張れば多くの場合は結果がついてきます。
装置はお薬と一緒で、問題に対して効くヤツを出してもらわないといけません。最初から装置が決まってるって言うのは、ナンセンスの極みだと思うのですが、どんなもんでしょうか。 」

反対咬合

初診時=小学4年生の冬

終了時=ギリギリですが収まりました。

上顎骨の成長が弱いことが原因の反対咬合でした。

【上顎骨の前方への成長促進、上顎骨の拡大】

拡大装置とフェイシャルマスク(就寝時)ブラケット装置(上顎前歯、奥歯のみ)を使って上顎のみ治療しました。

治療期間:2年8ヵ月
(その内FMの期間:2年1ヵ月)
  +
リテーナー期間:2ヵ月(来院せず)

「すでに上顎骨の成長期は過ぎつつある時期の初来院でした。厳しい話し合いの末、効果がどこまで出るかわからないけれどやれることはみんなやってみようということになり、治療を開始しました。取り外しができる装置の宿命で、使わないと治りません。なんとかギリギリの結果は出せました。
後日談:5年後に、リテーナを全く使わなかったのとのことで、ガタガタになってしまったとのことで来院されました。」

歯のかさなり

初診時=小学6年生

終了時=一応収まりました。

歯の大きさと骨の大きさのアンバランス

【上顎骨の横へ拡げる、上顎歯並びを平らに】

拡大装置ハイラックス(固定式)とブラケット装置を使って上顎のみ治療しました。

治療期間:1年2ヵ月
  +
リテーナー期間:8ヵ月

「明らかな抜歯症例だと思いました。ただ、まだ抜歯を伴うような大人の矯正を始めるには時期が早い。しかし、側切歯と犬歯が入れ替わってしまいそうなはえ方をしてきたことや中学2年生くらいまでこの見た目で過ごすのは厳しいということで、子供の矯正をすることになりました。上顎のみ抜歯することも考えましたが、たまたま非抜歯で何とか収まりました。」

反対咬合

初診時=小学4年の夏

終了時=なんとか反対咬合ではなくなった

上顎骨の成長が弱いことが原因の反対咬合でした。

【上顎骨の前方への成長促進】

フェイシャルマスク(就寝時)ブラケット装置(上顎前歯、奥歯のみ)を使って上顎のみ治療しました。

治療期間:4年5ヵ月
(その内FMの期間:4年1ヵ月)
  +
リテーナー期間:8ヵ月

「すでに上顎骨の成長期は過ぎつつある時期の初来院でした。厳しい話し合いの末、効果がどこまで出るかわからないけれどやれることはやってみようということになり、治療を開始しました。2年位したところでほとんど来院してくれなくなってしまいましたが、装置は使い続けてくれたようです。その後復活?!^^して治療を終えました。」

前歯が一部のみ反対

初診時=小学校3年生の冬

終了時=ブラケット装置で治療後

右の前歯(中切歯)が反対になってしまい、噛むたびに下の前歯を押し出して、歯肉が下がり始めています。
骨格には大きな問題がありませんでした。

【前歯反対咬合の改善】

ブラケット装置(上顎前歯、奥歯のみ)を使って上顎のみ治療しました。

治療期間:5ヵ月
  +
リテーナー期間:1年1ヵ月

「下の前歯の歯茎の退縮はとまりました。上の左右の前歯の歯肉の不ぞろいもだんだん改善してくると思います。」

前歯が一部のみ反対

初診時=小学校4年生の夏

終了時=ブラケット装置で治療後

左右の前歯(側切歯)が反対で、真ん中に隙間が出来てしまっています。
骨格には大きな問題がありませんでした。
【側切歯反対咬合の改善】
【正中離開の改善】

ブラケット装置(上顎前歯、奥歯のみ)を使って上顎のみ治療しました。

治療期間:2ヵ月
  +
リテーナー期間:1年6ヵ月

「2ヵ月と数日で、治ってしまいました。右下前歯が歯の本数が足りないこともあり、必要なら後は中学2年生以降にやりましょう。」

前歯が一部のみ反対

初診時=小学校4年生の夏

終了時=ブラケット装置で治療後

左の前歯(側切歯)が反対になってしまっています。
上顎がやや狭いです。
骨格には大きな問題がありませんでした。
【側切歯反対咬合の改善】

ブラケット装置(上顎前歯、奥歯のみ)とクワッドヘリックス装置を使って上顎のみ治療しました。
上顎歯列を拡げました。

治療期間:4ヵ月
  +
リテーナー期間:7ヵ月(継続中)

「はえている前歯を動かすのは、割と早く済みます・・・が。」

こどもの歯科矯正